政府は4月25日から5月11までの17日間、東京都、大阪府、京都府、兵庫県に対し 3度目となる「緊急事態宣言」を発令する方針を決定した。

これを受けて、小池都知事が臨時会見を行う。

4都府県では酒類やカラオケ設備を提供する飲食店に対しては休業を要請し、そのほかの飲食店へも午後8時までの時短を要請する。

また百貨店など1000平方メートルを超える大型店舗に対して休業を要請するほか、プロ野球などの大規模イベントは原則、無観客にすることを求める。

鉄道、バスは平日の終電の繰り上げ、週末、休日の減便のほか、夜間のイルミネーションは消灯するなど協力を依頼するとしている。

また、東京都では緊急事態宣言の期間中、都立学校について分散登校や部活の全面停止も検討されているほか、繁華街の駅前の路上や公園などで飲み会をするいわゆる路上飲みへの対策も検討されている。

※ストリーミング配信のため、実際の時刻より数十秒の遅延が生じます。

【関連記事】
菅首相会見 東京・大阪・京都・兵庫に緊急事態宣言発令決定