同僚の女性職員に私的な電話やメールを繰り返すなど不快な思いをさせたとして、福島県教育庁は中学校教頭を懲戒処分とした。

減給(10分の1)1か月の減給処分を受けたのは、福島県相双地区の中学校に勤務する42歳の男性教頭。

福島県教育庁によると、男性教頭は去年7月から今年2月にかけて同じ学校に勤務する女性職員に対し「2人で飲みに行こう。」「大切にしていきたい女性に電話をしたいのですが…」などと私的な連絡を繰り返していたという。女性は連絡をやめるよう男性教頭に伝えたが、その後も連絡は続けられていた。

また、教頭は女性にプレゼントを渡し、受け取りを拒否された際に「またふられちゃった」などと話し不快な思いをさせていた。

女性は教頭からの連絡だったため無視することができず対応せざるを得なかったという。

福島県教育庁は、セクハラと判断しきょう(4月23日)付けで男性教頭を減給の懲戒処分とした。