北海道「まん延防止」要請検討へ きのう3カ月ぶり150人超え

北海道文化放送
北海道文化放送
国内

新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にある北海道で、「まん延防止等重点措置」の要請を検討する見通しであることがわかった。

北海道では、22日は153人の感染者となっていて、150人を超えたのは1月20日以来およそ3カ月ぶり、3日連続で100人を上回り、増加傾向を示している。

23日は、札幌市だけで、新たな感染者が120人前後にのぼる見通し。

近く、北海道が国に「まん延防止等重点措置」を要請する目安を超えるとみられることから、鈴木知事は、午後4時からの対策本部会議で、要請の検討を指示する見通し。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ / ワクチン】 特設ページ

北海道のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×