働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。

親の「もっと見たい」、子どもの「もっと見てほしい」をかなえるスマート保育に迫った。

保育士の胸元にある小さなカメラ。

保育の質の向上が期待される、画期的な最先端技術とは。

千葉・柏市にある、北柏駅前保育園わらび。

保育士の胸元には、何やら見慣れないものが。

「ルクミーフォト」と呼ばれる、自動撮影デバイス。

お遊びや散歩などの間、数秒おきに園児の様子を連続で撮影。

すると、AI(人工知能)が子ども1人ひとりを判別し、保護者には、わが子の写真が上位に来るように表示される。

こうして、園での様子を知ることができるだけでなく、気に入ったものをスマホで購入することも可能。

保育士は、「これだと、(子どもが)撮られているのがわからないので、素の表情が結構撮れる。先生と話している表情、自分がなかなか気づかない表情がある」と話した。

撮影のために保育士の手がふさがれることもなくなるほか、写真の仕分けや貼り出しが不要になり、保育士の業務効率化につながっていた。

さらに今、このシステムを生かした新たな取り組みも。

ユニファ システム開発本部・浅野健二研究開発部長は、「抱っこされているケース(で識別)は難しい。(写真が)横向きになっていると、顔認証がうまくいかないケースがある。その場合、体全体を見てあげることで、この人が誰であるかを知ることができる。顔認証と体全体を使った、より正確な人物の特定をやろうとしている」と話した。

保育士役の大人と子どものモデルを用いた実証実験。

子どもは動き回ることが多く、顔だけでは認識できない場合が多いため、全身の特徴から人物を特定する仕組みを構築しようとしていた。

ユニファ システム開発本部・浅野研究開発部長は、「例えば、AさんとB君が割と高い確率で同じ写真に写っている。距離的にすごく近くで写っていることが多い。写真の分析を積み重ねていくとわかってくる」と話した。

こうすることで、例えば、ずっと1人で後ろを向いて仲間に入れない子どもなども把握することができるなど、より子ども1人ひとりにあった保育を行うことが可能になるという。

業務の効率化だけでなく、保育の質の向上にもつながる保育園のスマート化。

ユニファ システム開発本部・浅野健研究開発部長は、「先生が専門性をもってしても届かないところだったり、気づきにくい部分に対して、データを使ってサポートをしてあげる。『この子は、もしかしたら今、こう思っているかもしれないよ』と教えられると、先生は、より1人ひとりの園児に対して関わり方を最適化できる。そういったことができると、より良い豊かな保育になっていくと思って進めている」と話した。