カツラを被るなどして女装をし、児童盗撮を10年にわたって続けていた男が逮捕された。

児童買春・児童ポルノ禁止法違反、建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、東京・三鷹市の小学校教師・木村康一郎容疑者(31)。

この記事の画像(9枚)

2018年10月から2021年3月にかけ、勤務する小学校などで着替え中の小学生の女の子、トイレを利用していた男の子の下半身などを、スマートフォンで撮影した疑いがもたれている。

スマホからは大量の児童わいせつ動画

逮捕のきっかけは4月上旬、東京・調布市内のスポーツ施設から寄せられた「スポーツ施設から出てくる女の子を目で追っていて怪しい」という110番通報。

警戒中の警察官が木村容疑者に職務質問したところ、スマートフォンから児童のわいせつ動画などが大量に見つかったのだ。その数は約数千点にのぼり、約10年間にわたって盗撮を繰り返し、データを保存していたという。

その手口の一つが女装。スポーツ施設の更衣室に侵入するときには、カツラやコートなどで女性になりすまし、犯行に及んでいた

周囲はイメージの違いに驚きの声

21日夜、小学校では緊急の保護者会が開かれたが、保護者には寝耳に水だったようだ。木村容疑者が勤務する小学校の保護者に話を聞いてみると…

Q:噂などはあった?

木村容疑者が勤務する小学校の保護者:
全然ないですよ。そういう噂はなく、逆に良い先生だと言っている人も中にはいるし…

近所の人の目にもこう映っていた。

木村容疑者宅の近所の人:
そんな感じは全然なかった。ただ優しそうな子だなとは思ったんですけど…

木村容疑者「小さな子どもの裸はレア」

10年にわたり盗撮を続けてきた動機について、木村容疑者は「小さい子どもの裸に興味があった」「特に小さな子どもの裸はレアだから撮った」などと話しているという。

三鷹市教育委員会は今回の逮捕を受けて「学校教育に対する信頼を著しく失墜させ心よりおわび申し上げます」などとコメントしている。

(「イット!」4月22日放送より)