プレスリリース配信元:べースメントアップス株式会社

ベースメントアップス株式会社が「モチベーションについての調査」を実施しました。

【調査概要:仕事に関する意識調査】 ■調査日   :2019年11月12日 ~2019年11月19日 ■調査方法 :インターネット調査 ■調査人数 :262名 ■調査対象 :社会人 


ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、「モチベーションの変化」について調査しました。

仕事をする上で、モチベーションを維持することは非常に重要です。

モチベーションが高いまま維持できている人は、仕事をただこなすだけでなく、自分から課題を見つけ解決しようとします。その結果、会社や周りから高い評価を受けることになります。一方、モチベーションが低い人は最低限の仕事しかしません。そして、仕事が増えることをマイナスに受け止めます。もちろん、そのような人は会社から低い評価を受けることになるでしょう。

このようにモチベーションは、仕事への取り組み方に大きく影響します。しかし、それが分かっていても、モチベーションを維持することは難しいです。例えば、入社前まではやる気に満ち溢れていた人が思うような結果が出ず、モチベーションが下がるといったケースは少なくありません。

それでは、社会人は入社前と入社後で、どのようにモチベーションが変化するのでしょうか?

そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、社会人を対象に「入社当初と比べてモチベーションはどのように変動していますか?」とアンケート調査を行いました。まずは、アンケート結果をご覧ください。


【退職の前に読むサイトから引用:https://taisyokuagent.com/articles/163

社会人262名を対象に、「入社当初と比べてモチベーションはどのように変動していますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

とても下がった:70%
わずかに下がった:13%
わずかに上がった:8%
とても上がった:9%



とても下がった:70%


とても下がったと回答した人は、全体の70%でした。この結果から、大多数の社会人が入社後にモチベーションが下がったことが分かります。モチベーションが下がる理由として考えられるのは、「結果が出ない」「希望した業務に就けていない」「社風が合わない」などです。仕事はモチベーションが非常に重要なので、意欲的に働ける環境へ転職したほうが良いかもしれません。


わずかに下がった:13%


わずかに下がったと回答した人は、全体の13%でした。どんなにメンタルが強い人でも、ミスをしたり、上手く仕事を進めなられなかったりすれば、モチベーションは下がるでしょう。しかし、一旦下がったとしても自分を鼓舞しモチベーションを上げて仕事に取り組むことが重要と言えます。


とても上がった:9%


とても上がったと回答した人は、全体の9%でした。会社の雰囲気や仕事の適性が合えば、モチベーションは自然と上がります。そして、モチベーションが高い状態で仕事に取り組めば自ずと結果もついてきます。とても上がったと回答した人は、モチベーションが高い状態を維持するようにしましょう。


わずかに上がった:8%


わずかに上がったと回答した人は、全体の8%でした。仕事のモチベーションを決める上で、重要なのが上司のマネジメントです。部下が仕事をしやすい状態に上手く持っていくことで、モチベーションを上げることができます。

下記記事では、「早期退職すること」について詳しく説明しているので参考にしてみてください。
https://taisyokuagent.com/articles/163


関連サイト





■ベースメントアップス株式会社:https://basementapps.tokyo
■お問い合わせ:https://basementapps.tokyo/contact
https://taisyokuagent.com
https://kagoshimahighball.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMES
PR TIMES
記事 45039
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。