強豪クラブだけで創設する新たなサッカーリーグの構想に批判が高まり、イングランド・プレミアリーグのクラブが20日、一転して不参加を表明した。

この構想は、一部の強豪クラブが中心となって、「スーパーリーグ」を創設しようとするもので、イギリスのリバプールなど12のクラブが参加を表明していた。

しかし、FIFA(国際サッカー連盟)やヨーロッパサッカー連盟が、「私利私欲に基づく構想だ」などとして、参加したクラブの選手にワールドカップへの出場を禁止する方針を示すなど、反発が広がっていた。

このため、20日になって、マンチェスターユナイテッドなど、イングランド・プレミアリーグで参加を表明した6クラブすべてが相次いで撤退を発表し、構想は実現することが難しくなっている。