EV(電気自動車)の課題である航続距離をクリアするため、“中国のテスラ”といわれる新興メーカーが出した答えとは。

19日から始まった「上海モーターショー」。

トヨタ自動車は、SUVタイプの新型EVをお披露目。

ホンダも中国で開発製造し、2022年春に発売するEVを発表した。

中でも、ひときわ注目を集めていたのが、“中国のテスラ”と言われる「NIO」。
セダンタイプの新型車も、注目を集めている。

2014年創業の電気自動車メーカー「NIO」は、“中国のテスラ”とも呼ばれ、アメリカで上場しているが、2020年はゼネラルモーターズの時価総額を一時、上回ったことでも話題になった。

一番の売れ筋が、5人乗りのSUV「es6」。
車内には、テスラにも似た大型のタッチ画面が。

ただ、注目ポイントはこうしたスマートなデザインだけではない。

現在、一般的なEVのバッテリーは充電式。
ガソリン車と比べての充電時間や航続距離、家庭などへの充電設備の設置が課題とされているが、「NIO」のEVは、全て“バッテリー交換式”。

通常の充電もできるが、すでに中国国内に200カ所ある専用のバッテリー交換ステーションでは、わずか3分でバッテリー交換が可能という。

NIO・辜向利氏「バッテリーは、EVの中でも価格が高い部分なので、レンタル方式で利用のハードルを下げられる。バッテリーは常に理想的な状態であることを保証できる」

さらにユニークな点が、「サブスクサービス」の導入。

バッテリーをレンタルにすれば、車の価格はおよそ120万円安くなり、1万6,000円で、月6回までバッテリー交換ができるとしている。

NIO・辜向利氏「テスラと比べられるのは、とても自然なことだが、われわれは自分で“中国のテスラ”とは言いたくない。われわれの車の販売価格は、(テスラより)平均して250万円高く、市場が違う。ともにEV市場を発展させ、育てていく」