突然突っ込んできた1台の車。間一髪の瞬間を現場にいた店員が語った。

熊本のピザ店に車が突っ込み大破

熊本市内にあるピザ店で店員が電話対応をしている。

この記事の画像(12枚)

次の瞬間、いきなりピザ店に車が突っ込んだ。

店員同士で声を掛け合っている。

店員A:
出られそうか。大丈夫?大丈夫?出た方がいいけん。ガソリンが…

店員B:
あぶね。

店員A:
1回出ようか。1回出た方がいい。

ガソリンが漏れ出したのか、店員同士、無事を確認しあうとその場を離れることにした。

事故が起きたのは4月19日午後6時ごろ。
ピザ店に車が突っ込み、3人が軽傷を負った。

爆発?店員が語る恐怖の瞬間

当時、店にいた店員がその恐怖の瞬間を語った。

現場にいた店員:
最初本当に爆発したのかなくらいの音で、次は地震かなとも考えたんですけど、振り返ったら車が突っ込んでいたのでこれかと思って…

別の防犯カメラには危機一髪、難を逃れる店員も映っていた。車が突っ込んだ瞬間、店員たちは偶然レジカウンターと調理場の間のスペースにいた。

そのため、カウンターがいわば壁となり、車に衝突されることを避けられた。

現場にいた店員:
立ち位置が変わっていたり、ちょっとした違いで大ケガにつながっていたらと思うと、無事でよかった。僕は店内の右奥にいて、ちょうど左側の方に棚とかが押し寄せていたので、空いたスペースの所にいたので大きなケガにつながらなくてよかった。

もう1つ、幸運な偶然があった。車が突っ込み停車している場所は、椅子が置いてある客の待機スペースだった。しかし、この時客がいなかった

現場にいた店員:
割と少ない時間帯で店内にもお客さんがいなかったのでよかった。(普段なら)お客さんが入るところに車がすっぽりと突っ込んできたので、もしお客さんがいたらと思うととてもぞっとします

運転していた男性(61)は軽傷

車を運転していたのは男性(61)で、この事故で腰などを打ったが軽傷だった。

現場にいた店員:
中にいた時はそんなにひどいと思わなかったんですけど、外から見ると建物が壊れていてひどい事故だったんだと改めて感じました。

ピザ店は直線道路から2つに分かれる分岐点に位置していた。

現場にブレーキ痕はないことから、警察はアクセルとブレーキの踏み間違いや脇見運転などの可能性もあるとして事故の原因を調べている。

(「イット!」4月20日放送より)