山梨県の長崎知事は、感染状況次第では「オリンピックをやっているどころではない」との見解を示した。

山梨県・長崎幸太郎知事「(健康状態に)深刻な影響を及ぼすような感染状況であれば、オリンピックなんかやっているどころではない」

長崎知事は、自民党の二階幹事長のオリンピック中止も1つの選択肢との考えに、「極めて常識的な発言」と同意したうえで、「オリンピックの方が、命より大切だということはあり得ない。感染状況が深刻であれば、やっているどころではない」との見解を示した。

一方で、「安心してオリンピックができるようになることを願う」とも述べている。