郡山警察署(福島県)の警部補・栗田勉容疑者(58歳)が酒気帯び運転の現行犯で逮捕された。

警察によると、栗田容疑者はきょう(18日)午後1時17分頃、酒を飲んだ後に郡山市安積町荒井の市道で普通乗用車を運転した疑いが持たれている。

接触事故の通報を受けた警察官が栗田容疑者の呼気を検査したところ、基準値を超えるアルコールが検出された。

警察の調べに対して、栗田容疑者は「自宅で飲酒した。飲酒運転は間違いない」などと供述している。

福島県警察本部の国井首席監察官は「誠に遺憾、深くお詫びする。厳正に対処する」とコメントしている。