4月18日朝、札幌市豊平区で歩道の一部が陥没しているのが見つかり、現在も交通規制が続いています。

 陥没が見つかったのは、札幌市豊平区平岸1条20丁目の国道453号線「精進橋」付近の歩道です。

 4月18日午前8時前「道路が陥没している」と110番通報を受け警察や道が確認したところ、歩道が縦2.3メートル、横1メートルほど陥没しているのが見つかりました。

 ケガをした人はいません。

 北海道などによりますと、道路下を流れる川の水が歩道に当たり続けたことで劣化が進み、4月18日の荒れた天気で河川が増水したことで陥没した可能性があるということです。

 北海道などは現在も付近の道路に規制をかけて応急処置にあたっているということです。