香川県の聖火リレーは2日目を迎え、県の東部にある8つの市と町を回りました。

(河野有紀記者)

「4月17日とは打って変わって青空が広がった。香川の聖火リレー2日目は坂出市役所から出発」

2日目のスタートは午前9時前。第1区間の坂出市中心部では、7人のランナーが観客に見守られながら聖火をつなぎました。

(リレーを見た人2人)

「歴史的瞬間を生きている間に見られて良かった」

「聖火リレーが香川で行われることがこの先あるか分からないので貴重な経験だった」

4月17日に県西部の9つの市と町を回った聖火。18日は島を含めた県東部の8つの市と町を回ります。午後0時半頃には小豆島町につながれ、地元の中学生がサポートランナーとなって盛り上げました。

(一緒に走った中学生)

「貴重な体験ができて良かった。オリンピック選手に負けない走りができるよう(これからも)一生懸命練習したい」   

(リレーを見た人)

「いよいよ本当に始まるんだなという気持ちになり、オリンピックが楽しみになった」

2日間で180人のランナーがすべての市と町を回る香川の聖火リレー。最後の高松市でゴールを迎えます。