リニア工事を巡る国の有識者会議は17日、大井川の水問題に関する中間報告案を示しました。

これに対し、静岡県の難波副知事は「県民の思いが受け止められていない」と述べています。

17日の有識者会議では、トンネル工事による突発湧水への対応などを協議しました。

そして約1年の議論をまとめた中間報告案が示され「トンネル工事による中下流域への影響」などが記されました。

報告案を見た難波副知事は、科学的・工学的議論はされていると評価はするが報告案に反映されていない、命の水としての県民の思いが受け止められていないと落胆しました。

難波副知事「中下流域の地下水に上流が影響しないということを説明するための記述がすべて。こちらの思いをなかなか受け止めて頂けない」

その上で、国やJRに対し、県民にわかりやすく理解できるような中間報告にするよう求めました。