熊本地震からの復興に向けての課題を共有しようと、公明党県本部が17日復興会議を開きました。

今回で7回目となった復興会議には蒲島知事や大西熊本市長なども出席し冒頭、熊本地震と7月豪雨の犠牲者に黙とうを捧げました。

会議には、公明党の山口那津男代表も出席し、「これからはハードとソフトの両面で防災対策を行い、災害に強い地域を作っていかなければならない」と述べました。