東芝で、車谷暢昭社長が辞任。
後任には、前の社長だった綱川智会長が復帰する。

東芝は、15日午前、臨時の取締役会を開き、車谷社長からの辞任の申し出を受理した。

車谷氏は、コメントで「東芝再生ミッションが全て完了し、現在かなり達成感を感じている。いったん、3年の激務から離れて、心身ともに充電したい」としている。

後任には、前社長だった綱川会長が復帰。

東芝・綱川代表執行役社長「東芝を信じ、東芝グループの再生にともに取り組んできた従業員の皆さんとともに、従業員の総合力が最大限に発揮されるように取り組んでいく」

一方、イギリスに本拠を置く外資ファンドCVCキャピタル・パートナーズからの買収提案について、指名委員会の永山委員長は、「初期提案は内容が乏しく、当社から要請したものではない唐突なもの。現時点での評価は不可能で、慎重に検討する必要がある」としている。

東芝・綱川代表執行役社長「わたしに課せられた喫緊のミッションは、今後開催される定時株主総会やCVCからの買収に関する初期提案などへの対応など、大変重要な経営のかじ取りを行っていくことにある。まずは、あらためて株主の皆さまをはじめとするステークホルダーとその信頼構築に努めたいと考えている」