「角館の桜まつり」さらに規模縮小 「警戒レベル3」に観光地は 秋田・仙北市

秋田テレビ
秋田テレビ
地域

 ワクチンの接種に入院用ベッドのさらなる確保など、新型コロナウイルスを巡る秋田県内の医療体制は徐々に充実に向かう動きが見られる一方で、足もとの感染状況は拡大しつつある。県独自の感染警戒レベルは「2」から「3」に引き上げられた。仙北市の「角館の桜まつり」はさらなる規模縮小が決まり、観光業を営む人たちからは不安の声が聞かれた。

 シダレザクラの標本木が開花した仙北市角館町の武家屋敷通り。13日、観光客がサクラの前で写真を撮ったり人力車に乗って散策したりして角館の春を満喫していた。

 こうした中4月12日、県は独自の新型コロナ感染警戒レベルを「2」から「3」に引き上げた。

 佐竹知事は「連休も近づいている。県民割キャンペーンも行っている。ぜひ県内で旅行を楽しんでもらうようお願いする」と県民に呼び掛けた。

 「角館の桜まつり」は、予定していたサクラのライトアップや武家屋敷通りの歩行者天国が中止となった。一方で、桜並木駐車場は営業するほか、桧木内川堤の遊歩道は一方通行で開放する。

 観光業を営む人からは、警戒レベル引き上げの影響を不安に思う声が聞かれた。

 人力車を走らせる角館人力社の菊地直矢さんは「正直去年よりも状況は思わしくない。個人的には今年に関してはそんなに期待していない」と本音を漏らす。旅行することの是非については「旅行先でどう過ごすとか、どう自分を律するのかが大事だと思う。きちんと対策を取ってサクラを楽しんでもらえれば」と話していた。

 JR角館駅前の宿泊施設「ホテルフォルクローロ角館」では、まん延防止等重点措置の適用が一部地域で始まった1週間ほど前から宿泊をキャンセルしたいとの客からの連絡が、県の内外問わず相次いで寄せられている。

 山内耕支配人は「県の警戒レベル引き上げでさらにキャンセルが出るのかと懸念している」と厳しい実情を語る。一方で「地域のことを考えると人が集まらないということは感染の防止にもなるのでそういう部分では安心」と複雑な心境だった。

 祭りの実行委員会では「サクラは感染対策を徹底して静かに眺めてほしい」と話している。

秋田県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

秋田テレビの他の記事

新型コロナ 新たに15人の感染確認 秋田

新型コロナ 新たに15人の感染確認 秋田

地域
幹部職員の逮捕で 知事「厳正に対処」秋田県

幹部職員の逮捕で 知事「厳正に対処」秋田県

地域
秋田県独自の感染警戒レベル「4」へ

秋田県独自の感染警戒レベル「4」へ

地域
官製談合の疑い 秋田県の幹部職員逮捕 秋田・北秋田市

官製談合の疑い 秋田県の幹部職員逮捕 秋田・北秋田市

地域
新たに23人が感染 県内延べ581人に

新たに23人が感染 県内延べ581人に

地域
カーネーションなど花が人気

カーネーションなど花が人気

地域
一覧ページへ
×