諫早市の男性が、融資会社の社員をかたる男に約388万円をだまし取られる特殊詐欺事件がありました。

警察によりますと2021年3月、諫早市の50代の男性が経営する会社に「年率0.8パーセントで3000万円まで融資する」などと書かれた虚偽のファックスが届きました。

男性が融資に申し込むと、「チバ」および「タシロ」と名乗る融資会社の社員をかたった男から、融資のために供託金などが必要なので振り込むよう電話があったということです。

被害に遭った男性は10回にわたり、指定された口座に現金を振り込み、合わせて約388万円をだまし取られました。

警察は、電話やファックスで融資に勧誘したり、会社との契約であるのに個人名義の口座に振り込ませるなどのケースは詐欺を疑い、十分注意するよう呼びかけています。