4月13日夜、帯広市で、道路を渡っていた70代の男性が車にはねられ重傷です。

 事故があったのは、帯広市緑ヶ丘3条通6丁目の市道です。

 13日午後8時半ごろ、道路を横断していた近くに住む会社役員の77歳の男性が、軽乗用車にはねられました。

 男性は一時意識がない状態で病院に運ばれ手当てを受けていますが、腰のあたりの骨を折る重傷です。

 現場は片道1車線の直線道路の交差点付近で、信号や横断歩道はありませんでした。

 警察は車を運転していた自称・派遣社員、堀江雅昭容疑者(51)を過失運転致傷の現行犯で逮捕し事故の原因を詳しく調べています。