新たな治療薬の開発が期待されます。

長崎大学などの研究チームが、骨粗しょう症の治療薬など2つの既存の薬に、新型コロナウイルスの感染を抑える効果を発見したと発表しました。

発表したのは、長崎大学熱帯医学研究所や京都大学などで作る研究チームです。

既存の薬約500種類を調べた結果、骨粗しょう症の治療薬「ラロキシフェン」と糖尿病の治療薬「ピオグリタゾン」に、新型コロナウイルスの感染や増殖を抑える効果が見つかったということです。

長崎大学熱帯医学研究所 櫻井 康晃 助教 「あくまで細胞レベルで効いたということですので、今後、動物実験などでその効果が個体レベルで効くと証明したうえで、治療薬の開発につなげられれば」

新型コロナの治療薬については、国内ではレムデシビルとデキサメタゾンの2つが承認されていますが、WHO=世界保健機関は、レムデシビルの効果に否定的な見解を示していて、各国で効果的な薬の開発が続けられています。

長崎大学の櫻井 助教は「既存の薬は、すでに一定の安全性が担保されているため、治療薬開発への近道になる」と話していて、期待が高まります。