県内では13日新たに125人の新型コロナウイルスへの感染が確認された。また県は40代の女性が先月死亡したと発表した。

新たに感染が確認されたのは125人で半数以上が20代から40代の若い世代が占めている。直近1週間の新規感染者数827人に上り、これまでで最も多くなった。

また先月26日、体調不良を訴え救急搬送された那覇市の40代の女性が死亡した。その後の検査で新型コロナに感染していたことがわかったもので、女性は基礎疾患があったという。

ところで県内で新型コロナに感染した妊婦は今月8日までに53人いたことがわかった。感染経路は家庭内が56%と最も多くなっており県産婦人科医会は妊婦や同居する家族は改めて感染対策を徹底して欲しい呼び掛けている。