東京都の新型コロナウイルスの新規感染者は、510人。
6日と比べて、111人増えた。

13日連続で、前の週の同じ曜日を上回っている。

東京都・小池知事「(今週中にも1,000人超えがあり得る?)いつそうなってもおかしくないと、危機管理の感覚からそう感じている。このままいくと、全然楽しくないゴールデンウィークが待っている」

12日からワクチンの高齢者接種が始まった、東京・八王子市。

接種後には「何ともない」と話していた、74歳の男性は、1日たった13日、体がだるく感じたという。

高野正道さん「触るとやはり痛いですね。きのうの夜も寝返りをうったんですが、その時も痛いんで眠れなかった」

一方で、12日、ワクチン接種の予約をした2人が会場に現れず、余ったワクチンは長期間保存ができないことから、廃棄されていたことがわかった。

八王子市の担当者は、「混乱を避けるため、別の人に回すことは難しい」と話しているが、13日、河野大臣は、「他市・他県の方でも一向に構わない。まったく制約はないので、ワクチンが廃棄されないよう、現場対応で、しっかりと打っていただきたい」と、くぎを刺し、ワクチンを無駄にしないよう、柔軟な対応を要請した。

さらに、「できれば、接種券を持っている高齢者がいれば打っていただき、接種券がなくても、年齢的に対象になる方がいれば打っていただき、高齢者がいなければ、それ以外の方。できればそういう順番で対応していただきたい」と発言。

接種券がない人にワクチンを打った場合は、記録しておいてほしいと自治体に呼びかけた。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ / ワクチン】 特設ページ