政府は、福島第一原発の処理水の処分方法について海洋放出する方針を決定した。

処理水の海洋放出を巡っては、漁業者の団体が風評被害が悪化する恐れなどを理由に「反対」を表明している。

政府は、風評対策についても取り組む方針。

福島県の内堀知事は「今後の動向を注視する」とした上で風評対策が重要との考えを示している。

福島県・内堀雅雄知事:「特に風評被害を受けやすい福島県内の農林水産業や観光業に対して、こういった問題によって新たな負担を生じさせることがないように対応することが重要だということであります」

福島県は政府の決定を受けて、今後の対応を検討するとしている。