好天に恵まれた12日。秋田市の幼稚園では、園児たちがジャガイモの種イモ植えに挑戦した。

 暖かい日差しが降り注ぐ中、ジャガイモの種イモ植えに挑戦したのは、新屋幼稚園の年長組の園児31人。

 新屋幼稚園では、子どもたちに収穫の喜びを感じてもらおうと、毎年 野菜作りに取り組んでいる。

 12日は、男爵イモとメークインの種イモを、おいしいジャガイモになるよう願いを込めながら植え付けた。

 種イモ植えを行った男の子は「ジャガイモをいっぱい入れて楽しかったです」と話した。また、女の子は「カレーとかポテトチップスとかご飯に入れて食べたい」と収穫後の楽しみを話してくれた。

 12日に植えたジャガイモは、7月に収穫する予定。