ワクチン接種 副反応は…「1回目より2回目の方が」 課題…「医療従事者まだ接種終わらず」

ワクチン接種 副反応は…「1回目より2回目の方が」 課題…「医療従事者まだ接種終わらず」

長野放送
長野放送
地域

コロナ対策の切り札とされるワクチンですが副反応も確認されています。また、先行して始まった医療従事者への接種も終わっていません。すでに接種を終えた医師に課題などを聞きました。

医療従事者の「先行接種」として、長野県内で最も早く2月から始めた信州上田医療センター。すでにおよそ550人の職員に2回の接種を行っています。

副反応は…

信州上田医療センター・藤森実院長:

「1回目(の接種)よりも2回目の方が3倍くらいの割合で出ると思う」

1回目の接種で32人に副反応を確認。多くが頭痛などの軽い症状でした。一方、2回目の後は、85人に増え、このうち50人に38度以上の発熱の症状が出ました。女性の方が多かったということです。重篤なアナフィラキシーショックはありませんでした。

ただ、熱が出たとしても翌日には下がる場合が多く藤森院長は「それほど恐れることはない」と話します。

信州上田医療センター・藤森実院長:

「熱が出てもみんな1日で下がっているので、そんなに恐れることはない。感染も爆発してきた。この状況だとなんとか早くワクチンで集団免疫を付ける方が優先されると思うので、心配して打たない人が増えると集団免疫を付ける意味がなくなるので、なるべく早く多くの人に接種してもらうことが重要」

特に2回目の接種の日と翌日は、あらかじめ仕事を休むなど対策をしておいた方が良いということです。

さて、県内でも12日から高齢者向けの接種が始まりました。一方で医療従事者への接種は終わっていません。

県によりますと、県内の医療従事者およそ7万5000人のうち今週までに2回接種が終わるのは2割にとどまるということです。

信州上田医療センター・藤森実院長:

「このままだと地域によっては、医療従事者の接種が済まないうちに高齢者接種が始まる。接種しに行く医師とか看護師がまだワクチンを接種していない状況は大きな問題だと思う。(県・保健所と市町村の間では)話し合って元々医療従事者を優先して先にやるという計画でしたので、原点に戻って考えてほしい」

なお、県は高齢者の接種が本格化する5月中には医療従事者もおおむね終わらせたいとしています。

長野県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

長野放送の他の記事

長野県内で46人新規感染 岡谷市20~30代男女7人は陽性者と接触…

長野県内で46人新規感染 岡谷市20~30代男女7人は陽性者と接触…

地域
線路内にクマ侵入 北陸新幹線と衝突 軽井沢・佐久平間で停車 …

線路内にクマ侵入 北陸新幹線と衝突 軽井沢・佐久平間で停車 …

地域
米、即席めん、キノコ…新型コロナの影響でアルバイトできない学…

米、即席めん、キノコ…新型コロナの影響でアルバイトできない学…

地域
まず75歳以上から 松本市で新型コロナワクチンの集団接種スター…

まず75歳以上から 松本市で新型コロナワクチンの集団接種スター…

地域
変異ウイルス「N501Y」 長野県で新たに6人判明 長野・佐久圏域…

変異ウイルス「N501Y」 長野県で新たに6人判明 長野・佐久圏域…

地域
【新型コロナ】長野県内で新たに46人感染 須坂市・岡谷市で各8…

【新型コロナ】長野県内で新たに46人感染 須坂市・岡谷市で各8…

地域
一覧ページへ
×