仙台市では65歳以上の高齢者27万人に、ワクチン接種券の配送が始まっています。しかし、接種券には接種できる場所や時間が書いておらず、受け取った人からは戸惑いの声も聞かれています。

仙台市若林区に住む、71歳の佐藤俊治さんには、4月2日に、ワクチンの接種券が届きました。

接種券が届いた 佐藤俊治さん(71)

「ちょっと遅いなっていうのはある」

接種券には場所や時期が書いておらず、佐藤さんは市のホームページで自ら情報収集を行いました。

接種券が届いた 佐藤俊治さん(71)

「対象者とか順番は書いてあるけど、接種会場を開いても、どことは書いていない。情報が入ってこない」

佐藤さんは「もっと分かりやすく情報収集できるようにしてほしい」と訴えます。

このような声に仙台市の担当者は…。

仙台市 ワクチン接種推進室 横野幸一郎 室長

「5月以降に国からのワクチンの供給量がどうなるか分かりません。大量に安定的に供給されれば、一般の方にも広げて行くことは可能だと思うので、詳しい情報はしばらくお待ちくださいとしか言いようがない」