プレスリリース配信元:株式会社ショーケース

約7割は「居住地を離れたくない」けど、約8割は東京企業の「フルリモート採用」に関心あり

第1回TOKYOテレワークアワードの大賞を受賞した株式会社ショーケース(東京都港区、代表取締役社長:永田豊志、証券コード:3909、以下ショーケース)は、更なる働きやすさを目指すため、首都圏1都6県を除く全国で、週に3回以上のテレワーク勤務をしているITエンジニア103名を対象に、地方ITエンジニアのキャリアに関する意識調査を行いました。




<アンケート概要>
調査結果:
 https://www.showcase-tv.com/pressrelease/20210412research/
調査期間:
 2021年3月29日~2021年3月30日
対象:
 30~40歳、週に3回以上のテレワーク勤務をしている、地方に住むITエンジニア103名



7割のエンジニアが、仕事のために現在の居住地から離れたくない

「Q5.仕事のために現在の居住地を離れることに対して抵抗感はありますか」(n=103)という質問には、「とてもある」が34.0%、「少しある」が35.9%、と約7割が離れたくないという回答となりました。


・とてもある:34.0%
・少しある:35.9%

・あまりない:22.3%
・全くない:6.8%
・わからない/答えられない:1.0%



転居への抵抗理由「居住地への愛着」「家庭の事情」など

Q5で「とてもある」「少しある」と回答した方に対し「Q6.現在の居住地を離れることに抵抗がある理由を教えてください(複数回答)」(n=72)という質問には、「現在の居住地への愛着」が54.2%、「子育てなどの家庭の事情」が44.4%、「パートナーの仕事の事情」が29.2%という回答となりました。


・現在の居住地への愛着:54.2%
・子育てなどの家庭の事情:44.4%

・パートナーの仕事の事情:29.2%
・親の介護などの家庭の事情:20.8%
・その他:13.9%
・特に理由はない:2.8%



東京企業のフルリモート採用への関心は79.2%

Q5で「とてもある」「少しある」と回答した方に対し「Q7.仮に東京にある企業がフルリモートを認める採用を行っていたら、関心はありますか」(n=72)と質問したところ、「とても関心がある」が19.5%、「少し関心がある」が59.7%という回答となりました。


・とても関心がある:19.5%
・少し関心がある:59.7%

・あまり関心はない:5.6%
・全く関心がない:6.9%
・すでに東京にある企業へフルリモートワークで勤務している:1.4%
・わからない/答えられない:6.9%


「リモートワークに手当てのある企業の割合」や、「リモートワークへの補助金、希望金額」は、下記にて公開しています。
是非ご一読ください。

https://www.showcase-tv.com/pressrelease/20210412research/
※記事内のアンケートを引用する際には、こちらのURLを出典元として記載ください。



ショーケースの全国フルリモート採用について

ショーケースでは、このような地方エンジニアの“不”を解消・軽減を目指し、2021年4月より「全国フルリモート採用」を開始いたしました。


https://recruit.showcase-tv.com/engineer/

「居住地への愛着」「家庭の事情」などの理由から、地方ITエンジニアが、現在の居住地に住み続けらるよう、選考(面接)~勤務開始まで完全フルリモートの正社員として採用します。

地域・エリアに関わらず、給与は都内における募集・採用と同じ水準で実施します。
既に「全国フルリモート採用」のスキームを通じて、福岡県での採用第一号が決まっており、2021年4月からフルリモートでの勤務を開始しています。


ショーケースでは、今後もエンジニアおよび従業員の“不”を解消する先進的な働き方を通じて、人の幸せに寄与するビジネスとサービスを目指していきます。


【株式会社ショーケース 会社概要】
代表取締役社長:
 永田 豊志
所在地:
 東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル14F
設立:
 1996年2月1日
上場証券取引所:
 東京証券取引所 市場第一部
証券コード:
 3909
コーポレートサイト:
 https://www.showcase-tv.com/

コアバリュー :
 「おもてなしテクノロジーで人を幸せに」

私たちは人が感じる「不」を取り除き「幸せ」に導くお手伝いをしています。
そして、私たちの喜びは、人の期待を超え、感動や満足感を提供するしくみ=おもてなしテクノロジーで、幸せな人を増やしていくことです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ