プレスリリース配信元:沖為工作室合同会社

市場調査分析レポート「マイクロLEDマーケットトレンド -2021版」の販売開始。

将来、実用化が期待される先端技術の情報を提供する沖為工作室合同会社(東京都町田市、CEO:沖本 真也)は市場調査分析レポート「マイクロLEDマーケットトレンド -2021版」の販売を4月9日より開始いたしました。


マイクロLEDおよびミニLED市場規模は、2019年の2億1800万米ドルから2025年には70億米ドル達し、CAGR78.28%で成長すると予測されます。マイクロLEDのアプリケーションは当初はCLEDISに代表される大型ディスプレイとApple Watchに代表されるマイクロディスプレイの大小両極端からの開発がフォーカスされていましたが、現在はアプリケーション開発も多様化しています。マイクロLEDディスプレイは、従来のディスプレイアプリケーションにおいてLCDおよびOLEDディスプレイ技術と競合する必要がありますが、マイクロLEDはコスト面において高価であることが予想され、性能の向上で追加コストを正当化する必要性があります。透明ディスプレイやフレキシブルディスプレイなどの付加価値を訴求できるアプリケーションには、市場の可能性があると考えられます。



コア技術として迎えられたミニLED

マイクロLEDディスプレイは導入時期であり、まだ技術的に成熟していないのが実情です。素材の均一性や高度な検査設備や品質管理技術は日本企業にビジネスチャンスが多くあると考えられます。一方でミニLEDディスプレイは市場からの評価も高く、一つのディスプレイ技術として迎えられており、コスト競争が激化していくと考えられます。

中国企業を中心に進む設備導入

マストランスファーがネックと言われ続けていた中でマスボンダーの設備導入は中国企業を中心に進められており、量産設備を持つ企業が少なからず存在しています。また台湾LED企業と中国パネルメーカーのタイアップも目立ち、着実に量産体制を整えています。またマイクロLEDに関わるコストも今後5年間で大幅に下がることが予測されます。

本レポートでは、マイクロLED、ミニLED市場に関わるスタートアップ企業を含む主要企業の取り組みを取り上げ、さらに最新市場アップデートから技術トレンド、アプリケーション分析、競争環境分析、マーケティングについてまで、幅広く取り扱います。マイクロLEDの世界市場の動向も国別(一部エリア)としてまとめ、現在の市場規模や課題について分析し、将来的な予測を行っています。

目次

1. マイクロLED、ミニLED市場概観
1.1 市場背景
1.2 関連企業の動向、アライアンス現状-
1.3 中国、韓国、台湾プレイヤーアップデート-
1.4 コア技術として市場に迎えられたミニLED
1.5 鍵を握るウェアラブル市場

2. マイクロLED、ミニLED 技術トレンド
2.1 マストランスファー
2.2 モノリシック、色変換等
2.3 マスインスペクション
2.4 マスリペア
2.5 ボンディング

3. マイクロLED、ミニLED アプリケーション別分析
3.1 ウォールディスプレイ(大型ディスプレイ)
3.2 TV
3.3 ウェアラブル
3.4 ノートPC
3.5 タブレット
3.5 スマートフォン
3.6 自動車
3.7 新興アプリケーション(医療、VLC等)

4. サプライチェーン
4.1 マイクロLED産業セグメント
4.2 ミニLED産業セグメント

5. 競争環境分析
5.1 主要企業分析
Konka
Leyard
PlayNitride
Samsung
Ennostar
Sanan
Sony
5.2 競合リーダーシップマッピング

6. マイクロLED、ミニLEDの将来展望
6.1 市場規模予想
6.2 地域別市場分析
1) 米国
2) カナダ
3) ドイツ
4) フランス
5) イタリア
6) イギリス
7) 中国
8) 日本
  9) インド
10) 韓国
  11) ブラジル
  12) その他

7. マイクロLED、ミニLEDとマーケティング戦略
7.1 マーケティング5.0とデジタルエクスペリエンス
7.2 モビリティとディスプレイ
7.3 6Gとフォトニクス
7.4 マーケティング戦略に関する考察

8. まとめ

レポート詳細リンクは↓
https://www.chong-wei.com/microled_market_trend.html

【沖為工作室合同会社について】
「人々が働き、生活するためのフェアな場所を作る」という、ミッションのために2020年に設立された会社です。国内だけでなく、米国メディアにも取り上げられ、グローバルに活動を展開しています。沖為工作室合同会社では、利用可能なすべてのネットワークを利用し、エマージングテクノロジーの領域において、迅速かつ信頼性の高い、最適な市場情報をご提供することに精進していきます。 英語表記ではChong Wei Gong Zuo Shi, LLCとなります。沖は中国語ではChongと発音し、突き進むという意味があります。困難にも恐れず突き進む者に為(Wei)るという意味と工作室(Gong Zuo Shi)は中国語でジブリスタジオなどのスタジオを意味し、市場のエンターテイナーになりたいという思いで会社名がつけられています。

もし宜しければ弊社ホームページもご覧ください。
https://www.chong-wei.com/
SNSでのフォローも歓迎いたしております。

【本件に関するお問合せ先】
沖為工作室合同会社
電話:050-4560-2377 メールアドレス:support@chong-wei.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ