イギリス王室は、9日に亡くなったフィリップ殿下の葬儀を、17日に行うと発表した。

葬儀は、殿下が最後にエリザベス女王と過ごした、ウィンザー城にある礼拝堂で17日に行われ、エリザベス女王や王室のメンバーのみが参列するという。

一方、長男のチャールズ皇太子は10日、報道陣を前に、フィリップ殿下の人柄を振り返りながら、その功績をたたえた。

チャールズ皇太子「彼はとても愛され、感謝された人物だった。わたしの愛するパパは特別な人だった」

現地メディアは、王室を離脱しアメリカで暮らす孫のヘンリー王子も参列すると伝えている。