島根県松江市にある調理師やパティシエなどを養成する専門学校で入学式が行われた。入学式があったのは松江栄養調理製菓専門学校で、密を避けるため専攻コースごとに2回に分けて開かれた。

上田恭己校長「技術習得において色々な壁にぶつかりながら乗り越えて卒業、国家資格取得というゴールに向けまい進してほしい」

今年度の新入生は栄養士コース、調理師コース製菓製パンコースにあわせて129人でそれぞれ国家資格の取得などをめざして新たな学業の生活に入る。

新入生「新しい学校生活への不安はあるが2年後の自分の姿がとても楽しみ」

食のプロをめざした若者達の挑戦がスタートした。