エリザベス女王の夫、フィリップ殿下が9日、亡くなった。
99歳だった。

遺体があるロンドン郊外のウィンザー城には、市民が献花に訪れ、イギリスでは、全土で喪に服すことになる。

献花に訪れた親子「(フィリップ殿下は)いい人だった」、「いい人だった。ちょうど外に出たから敬意を表しに来た」

フィリップ殿下が9日、99歳で亡くなったことを受け、ウェストミンスター寺院では追悼の鐘が鳴らされた。

また、ウィンザー城では、市民が献花に訪れ、近くにあるパブにも殿下の写真が飾られていた。

エリザベス女王は全ての公務を停止し、葬儀までの間、イギリス全土が喪に服す。

各国からは追悼メッセージが相次いでいて、アメリカのバイデン大統領夫妻は、「英国民や英連邦、家族のために身をささげた」と声明を発表した。