静岡まつりで、吸い込んではいけないとされる消毒剤を噴霧です。

先週末に行われた静岡まつりの入場口3カ所で、感染対策として来場者に次亜塩素酸水が噴霧されていました。

厚生労働省は、次亜塩素酸水について吸い込まないよう注意を呼び掛けていますが、市によりますと実行委員会は当初この問題について認識しておらず、外部からの指摘で噴霧の位置を下げるなどの対応をとったということです。

実行委員会は「メーカーと相談して使用した。認識不足だった」としています。