8日、県内で新たに新型コロナウイルス感染が確認されたのは、新潟市で18人、魚沼市で4人、村上市と新発田市でそれぞれ3人など合わせて33人で、過去最多だった7日の34人に次ぐ2番目の多さです。

村上市の3人は市内の保育園関連で、村上市では8日までに4つの保育園で合わせて34人の感染が確認されています。

新潟市西区の男子学生4人は友人同士12人で1人の家に集まり、飲酒を伴う会食をしていて、これで感染確認は12人中7人となりました。

また新潟市の飲食店従業員の男女2人は7日陽性が判明した南区40代女性とともに接待を伴う夜の店で働いているということです。

市はお酒を伴う大人数での会食は場所を問わず感染のリスクが高まるとして注意を呼びかけています。

【新潟市保健衛生部 野島晶子 部長】

「お酒が入ると声も大きくなるし長時間にもわたる。飛沫が飛び、吸い込んだりして感染するリスクが高まる」

こうしたことを受け、県と市は9日以降、市内約5600店舗の飲食店を見回るほか、接待の有無にかかわらず夜間に営業している飲食店従業員に無料のPCR検査を受けてもらうよう呼びかけます。