学校の統合によってこの春誕生した新発田市の小学校で8日、開校式と入学式が行われ、約300人の児童が新しい学校生活をスタートさせました。

【高橋正和アナウンサー】

「市内4つの学校が統合して生まれた小学校。4つの輪で示された新しい校章のもと、新たな学校の歴史が始まります」

新発田市豊浦小学校の開校式には感染症対策のため6年生のみが出席。

阿部英幸校長は「みんなで手を取り合いながら豊浦小学校をつくっていきましょう」と挨拶しました。

その後入学式が行われ、52人の新1年生が先生の呼びかけに対し、ひとり一人元気な声で返事をしていました。

【6年生】

「皆さんと一緒に過ごすことをとても楽しみに待っていました」

「友達とたくさん遊んだり勉強したりしましょう」

温かい歓迎を受け、ドキドキ・ワクワクの学校生活のスタートです。

式が終了したあと退場のシーンでは寂しくなったのでしょうか、お祝いに来た大好きなお父さんに抱きつき、一緒に会場をあとにする新1年生の姿もありました。

【新1年生】

Q.気持ちはどう

「うれしい」

Q.何人友達つくりたい

「5人」

【6年生】

「(統合で仲間が)すごく増えた。1~5年生をまとめられる立派な6年生になりたい」

豊浦小学校では9日から授業が始まります。