菅首相は、首相官邸で記者団に対し、東京都にまん延防止等重点措置を適用する方針を表明した。

9日、正式に決定する。

さらに、政府が、京都府と沖縄県も適用する方針を固めたことが新たにわかった。

菅首相「5大臣会合を開催をし、東京都のまん延防止重点措置について、あす、専門家会議に諮ることを決定をいたしました。東京以外の地域また期間、そうしたことについては、まだ何も決まっていませんけれども、地元の自治体と今、検討をしながら機動的に早急に方向性を出していきたい」

東京都がまん延防止等重点措置の適用を政府に要請したことなどを受け、菅首相は夕方、首相官邸で関係閣僚と対応を協議した。

そして、東京都は新規感染者数や病床の使用率が増加傾向にあるとして、まん延防止措置を適用する方針を決めた。

また、政府が、東京都のほかに京都府と沖縄県にも、まん延防止措置を適用する方針を固めたことがわかった。

政府は9日、専門家による分科会に諮問したうえで、夕方にも開かれる対策本部で正式に決定する方針。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ / ワクチン】 特設ページ