愛媛県内で12日から始まる高齢者対象の新型コロナワクチンの優先接種に向け、8日に第1弾のワクチンが松山市などに到着しました。

8日正午すぎ、「松山市ワクチン管理配送センター」に届いたのは65歳以上の高齢者を対象とした優先接種用のワクチンです。

第1弾として配送されたファイザー社製のワクチンは487人が2回接種できる量で、スタッフの手で超低温の冷凍庫に保管されました。

また、8日は宇和島市の市立宇和島病院にも同じ量のワクチンが配送されていて、松山市と宇和島市は12日から、まず高齢者施設の入居者と職員を対象に接種を始める予定です。