マンションでの消防点検作業中に…

うつむいたまま一度も顔を上げることなく警察車両に乗り込む男。4月8日、強制わいせつの疑いで送検された東京都江戸川区の会社役員、浜辺章弘容疑者(35)だ。

この記事の画像(7枚)

消防設備を点検する会社の取締役を務め、マンツーマンで部下に仕事を教えることが多かったという浜辺容疑者。

仕事中や仕事への移動中に部下の女性に繰り返しわいせつな行為を行っていた。

2020年9月、江戸川区の高層マンションで非常灯などの点検作業中に部下の30代の女性の胸などを触ったり、無理やりキスをするなどわいせつな行為をした疑いが持たれている。

浜辺容疑者によるわいせつな行為に耐えられなくなった部下の女性は2021年1月、警視庁葛西警察署に被害を相談したという。

「無理やり触ったことに間違いない。十数回はやった」

浜辺容疑者は犯行後、女性に対し無料通信アプリのLINEで次のようなメッセージを送っていた。

浜辺容疑者:
ごめんなさい 黙っていて

調べに対し、浜辺容疑者は「無理やり触ったりしたことに間違いない」と容疑を認めているというが、動機についてはこう話しているという。

浜辺容疑者:
部下が私を好きだと いいように勘違いして調子に乗った

浜辺容疑者は「十数回はやった」と話していて、警視庁は余罪についても捜査している。

(「イット!」4月8日放送より)