7日午後4時からの島根県の発表によると、大田市で確認された陽性者2人のウイルスは変異株であることが分かった。県内290例目となる感染者は大田市在住の60代男性で最高39度4分の発熱や咳、頭痛などの症状があった。291例目となる感染者は60代女性で、290例目の男性と同居していて接触者として検査を受けたところ陽性と分かったが症状は無いとしている。

変異ウイルスによる感染者は、島根県では出雲市で3月25日に確認された患者に次いで2例目、3例目となる。