鳥取・島根両県は、両県民が山陰の宿泊施設や観光施設を利用した場合に最大半額分を割り引く「WeLove山陰キャンペーン」の期間を1カ月延長し、5月末までとすると発表した。

「WeLove山陰キャンペーン」は、鳥取・島根両県民が、対象となる約470の山陰の宿泊施設などを利用した場合、5000円を上限に宿泊料金の最大半額を割引く観光支援事業で、鳥取・島根両県が先月1日から展開している。対象宿泊施設は島根・263、鳥取・208。キャンペーンは今月末で終了する予定だったが、再開の見通しの立たない「GoToトラベルキャンペーン」に代わり国が地域独自の観光支援事業について補助することを決めたことから、鳥取・島根両県は5月末までキャンペーンを延長することを決めた。

また新たな取り組みとして、県内の旅行会社が販売する日帰りの商品についても1人あたり5000円を上限に最大半額を割り引くほか、県内の飲食店や土産物店などで使える地域限定クーポンを1人あたり2000円を上限に配布するとしている。