アメリカのCDC(疾病対策センター)は、アメリカ国内の新型コロナウイルス感染の主流が、イギリスで見つかった変異ウイルスになっているとして、警戒を強めている。

CDCのワレンスキ所長は7日、「イギリスで見つかった変異ウイルスが、現在、アメリカで最も主流のウイルスになっている」と指摘し、イギリスで見つかった変異ウイルスの拡大を防ぐため、アメリカ国民に対し、できるだけ早くワクチンを接種するよう呼びかけた。

また、若者のスポーツイベントなどでのクラスター発生が報告されているほか、30代・40代で重症化して入院するケースが増えているとして、警戒を強めている。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ / ワクチン】 特設ページ