東京オリンピックの聖火リレー中止を検討していた丸山知事が6日夜、一転して実施を表明した事に対し、これまで島根県に支援の要望をしてきた飲食店経営者がその思いを語った。

丸山知事

「島根県内の聖火リレーの実施をしないという判断については見送ることとし、一定の改善事項を組織委員会に要請した上で実施をする」

6日夜に東京で記者会見を開き、聖火リレー実施へ方向転換を表明した丸山知事。

その理由に挙げたのが、リレー中止の判断はコロナ禍に苦しむ飲食業者などに良い影響を及ぼさない、という考えに至ったからとした。この突然の決定に、島根県内の飲食店などでつくる組合の有志を代表して今年2月に支援を求める申し入れを丸山知事に行った松江市の足立真智子さんは、その思いを語った。

申し入れした足立 真智子さん:

「聖火リレーを掛け合いに出してほしくない。でも出すことによってもし結果が得られるのなら一つのやり方だと思ったが、ただ時間がかかりすぎて」

丸山知事はこれまで政府の新型コロナ対策が不十分だと批判した上で、島根県など感染拡大地域ではないエリアにも飲食店への経済的支援をするよう求めてきた。この要望はまだ実現していない。

足立さん

「丸山知事が頑張っていらっしゃるのもよくわかるし、早く結果が出ればよいなと思っている。3月末にはこうしたかったが、できなかったけど、4月中にはこうしますとか、わかるようなメッセージを言ってくれるべき。早く決断をしてそれを行動に移してほしい」

足立さんは、県に対し引き続き支援の具体化を要望していきたいとしている。