生活保護の申請件数が、5カ月連続で増加。

2021年1月の生活保護の申請件数は2万61件で、前の年の同じ月と比べて、1,341件増加した。

2020年9月以降、5カ月連続で増加していて、2万件を超えるのは、初めて緊急事態宣言が出された2020年4月ぶりとなる。