アサヒビールが始める、自宅で楽しめる生ビールサービス。

アサヒビールが5月から始めるのは、ビールサーバーを貸し出し、「スーパードライ」2リットルを月2回、自宅に定期配送するサービス。

業務用サーバーの開発で培った技術を活用し、きめ細かい泡のビールが楽しめるとしていて、持ち運びができることから、高まるキャンプ需要にも対応する。

ビールの定期配送サービスはキリンビールも始めていて、外食自粛が続き、業務用ビールが苦戦する中、家飲みを充実させる取り組みが加速している。