アメリカ政府が、「ワクチンパスポート」の導入に反対。

ワクチンパスポートは、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたことを示す公的な証明書。

このワクチンパスポートの導入について、ホワイトハウスのサキ報道官は6日、「アメリカ政府は、国民に証明書の携帯を義務づける制度を支持しない」と述べた。

「国民のプライバシーと接種を受けない権利も守られるべきだ」として、接種をしていない人への差別につながる可能性があると説明している。

一方、ニューヨーク州では、ワクチンパスポートの運用が始まっていて、制度導入の是非をめぐり、議論が高まっている。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ / ワクチン】 特設ページ