東京都で7日、新たに緊急事態宣言解除後最多となる555人が、新型コロナウイルスに感染していることがわかった。

都内で7日、新たに感染が確認されたのは、555人で、2021年の緊急事態宣言が解除されてからは最多で、1日の感染者数が500人を超えるのは、2月6日以来およそ2カ月ぶり。

直近7日間の新規感染者数の平均は、前の週と比べて、115.6%と増加傾向が続いている。

年代別では、20代が178人、30代が97人、65歳以上が63人などとなっている。

また重症者は、6日から3人減って、41人だった。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ / ワクチン】 特設ページ