秋田県内で6日、新たに2人が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。県内での感染確認は303例。感染が確認されたのは、秋田市に住む60代の団体職員の男性と大仙保健所管内に住む1人の計2人。

 秋田市の男性は、4月3日から発熱や腕のだるさがあり、5日に医療機関を受診して検査を行ったところ「陽性」が確認された。症状は軽いものの基礎疾患があるため、6日に感染症指定医療機関に入院した。

 また、秋田県大仙保健所管内の1人は、4月1日から味覚や嗅覚に異常を感じていて、5日に医療機関を受診。検査の結果「陽性」と判明した。秋田県はこの人の年齢や性別、職業について明らかにしていない。

 秋田県内での感染確認は、303例となった。