プレスリリース配信元:株式会社3A

キッチンカー製造・販売・出店サポートの「MYキッチンカー」を運営する株式会社3A(本社:大阪府淀川区、代表取締役社長:橋本吉弘)は、10代以上の男女500名を対象に、インターネットによる「キッチンカーの需要調査」を行いました


【調査概要】
調査期間:2021年3月15日~3月18日
調査地域:全国
調査対象者:全国の10代以上男女
調査対象人数:500名


街中で見かけることも増えた「キッチンカー」。

Googleが提供するGoogleトレンド(蓄積している膨大なデータを基に、キーワードの検索回数推移を確認できるツール)でも、過去5年間で「キッチンカー」という検索ワードはうなぎのぼりとなっているのをご存じでしょうか?

新型コロナウイルスの影響もあり、人々は三密を避けて生活することが増えました。

テイクアウトという文化が伸びてきているこの世の中で、キッチンカーの需要はどれくらいあるのか調査してみました。


■あなたの地域にキッチンカーはありますか?



はい…476人(全体の95%)
いいえ…24人(全体の5%)

住んでいる地域にキッチンカーがあると答えた方は全体の95%を占めました。

ほとんどの地域でキッチンカーがあるという結果に。


■キッチンカーを利用したことはありますか?



キッチンカーの利用経験を調査してみたところ、

はい…457人(全体の91%)
いいえ…43人(全体の9%)

「キッチンカーを利用したことがありますか?」という質問に対して、500人中457人はキッチンカーを利用したことがあるという結果に。

新型コロナウイルスが流行した今、テイクアウトできるキッチンカーの利用は一般化してきている可能性もあります。


■どれくらいの頻度で利用するか



続いてキッチンカーの利用頻度を調査した結果、

半年に1回…267人(全体の59%)
月に1回…163人(全体の36%)
週に1回…18人(全体の4%)
毎日~週に2.3回…7人(全体の2%)

一番多かった意見は「半年に一回」、その次に「月に1回」となりました。

正直、利用したことがあるという方が9割以上だったのでもっと利用頻度が高いものかと思いました。

海外のキッチンカーは繁華街やオフィス街にあり頻繁(気軽)に利用するイメージですが、日本ではまだまだ利用頻度は少ないようです。

しかし今後、人となるべく接触しない販売方法が一般的となって来た場合、今よりも更に利用頻度が多くなる可能性も十分にあるかもしれませんね。


■出店している場所は商業施設やイベントが大半



続いては、どんな場所にキッチンカーが出店していたかの調査結果です。

スーパー・ショッピングモールなどの商業施設…332件(31%)
イベント(フェス)・フリマ…258件(24%)
道の駅・サービスエリア…144件(13%)
観光、アミューズメント施設…113件(11%)
オフィス街…69件(6%)
住宅街…63件(6%)
住宅展示場などのフェア…30件(3%)
その他…29件(3%)
ゲームセンター・ボーリング場・パチンコ店…22件(2%)
大学…15件(1%)

出店している場所は、商業施設やイベントが圧倒的に多い結果に。

確かにスーパーなどの空きスペースがある場所や、大きなイベントではキッチンカーを目にすることがとても多いです。

特にイベントでは多数のキッチンカーを出店していることも多く、イベント内で食事を購入して完結することも多いでしょう。

反対に、住宅街やゲームセンターなどは全体の10%以下という結果でした。
地域によっては、住宅街に出店できるスペースがないことも。

やはりキッチンカー出店場所として最適なのは、人の集まりやすい・購買意欲が高まりやすい商業施設やイベントなのではないでしょうか。


■定番メニューが圧倒的に人気!



では、キッチンカーではどのようなメニューを販売しているのでしょうか。

意見の多かった順にご紹介します。

クレープ…239票/たこ焼き…153票/唐揚げ…136票/ケバブ…124票/焼き鳥…123票/メロンパン…114票/アイス…111票/ポテト…93票/タピオカ…74票/その他…65票/カレー…61票/ハンバーガー…59票/たい焼き…53票/かき氷…51票/ピザ…43票/焼き芋…42票/ワッフル…34票/タコライス…36票/ラーメン…33票/うどん蕎麦…13票/わたあめ…13票/おにぎり…12票/ポップコーン…11票/ローストビーフ…10票/エスニックフード…6票/お弁当…5票/焼きそば…4票/人形焼き(大判焼き)…4票/ロコモコ…4票/パスタ…3票/ハンバーガー…2票/チュロス…2票/ハンバーガー…2票/コロッケ…2票/ドーナツ2票

《その他メニュー》
プリン・ステーキ丼・ベビーカステラ・お団子・揚げパン・揚げ餃子・オムライス・フィッシュ&チップス・牡蠣・チーズハットグ・ポン菓子・タコス・シュラスコ・ワッフル・ワッフルのフレンチトースト・メンチカツ・シュークリーム・キッシュ・スープ・焼き鳥・チーズケーキ・フライドチキン・小籠包・ポテトチップス・ケーキ・カレー・りんご飴・チョコバナナ・オムライス・お好み焼き

アンケート結果によると、やはり屋台などで定番のメニューが多い印象です。さっと食べられる軽食系(スイーツ含む)も多く見られます。

変わったメニューは少なく、あったとしても「流行の“チーズハットグ”」や「定番メニューをアレンジした“ワッフルのフレンチトースト”」など、全く知らないメニューではないようでした。

親しみやすいメニューだと購入へのハードルも低く、手に取りやすいのかもしれないですね。


■キッチンカーには何を求めるか



一体、消費者の方々は何が決め手でキッチンカーを利用しているのでしょうか。

続いては、キッチンカーに求める条件を調査しました。

味・美味しい…375件(29%)
値段が安い…238件(18%)
衛生面に気を配っている…163件(13%)
流行・珍しいメニューを販売している…160件(12%)
すぐに(並ばず)買える…156件(12%)
お店のおしゃれさ(雰囲気)…140件(11%)
人気店…50件(4%)
その他…5件(0%)

アンケートでは「美味しさ」「価格の安さ」がほぼ半数を占めた結果となりました。

過去にイベントなどで「場の雰囲気で買ってしまったけど、あまり美味しくないし高い」という経験をしたことはありませんか?

やはり料理なので大前提として「味が美味しい」こと、そして手に入れやすい価格帯であることがポイントのようです。オフィス街では頻繁にランチとして利用するためリーズナブルさを求めるという意見もありました。

続いて、衛生面への配慮がある・流行のメニューがある・並ばない・おしゃれがほぼ同等の割合となっていました。

また少数派ではありますが、その他と答えた人の中には「販売スタッフの雰囲気で購入したくなる」という意見も。

意外と「人気店だから」という曖昧な理由では評価されず、「そのお店に価値があれば買いたい」という消費者が多いようです。


■まとめ
これらの結果を見てみると、

・キッチンカーの需要は高い
・狙うべき出店場所は人の集まりやすい場所
・定番メニューはウケがいい

ということが分かりました。

ちなみに主要都市とそれ以外の地域でも大きな数値の違いはなく、地域に限らず需要があるという事が分かりました。

キッチンカーを開業する際にまず悩むのが「どんなコンセプトにしよう?」「どんなメニューにしよう?」という課題だと思います。

キッチンカーはおしゃれでハイセンスだと思いがちですが、実際は親しみやすく抵抗感なく受け入れられるメニューや雰囲気が人々の心をぐっと掴むのかもしれません。

競合に負けないキッチンカーを作ることができれば、新たにキッチンカー事業を始めようと思われている方でも充分に参入の余地がありそうですね。


MYキッチンカーなら開業ノウハウたっぷり!サポートも充実



キッチンカーの開業なら、MYキッチンカーにお任せ下さい!

MYキッチンカーでは、出店実績を基に専門建築士が内装を設計・製作します。見た目だけのキッチンカーではなく、効率の良さや、開業していくことを考慮した堅実なキッチンカー製作を行います。

その他にも開業コストを抑えられるレンタルやリースプランも充実しています。

製作やレンタルだけでなく、開業の支援や出店のサポート(各種許可申請なども含む)も行っているので、ワンストップで開業が実現。更に開業後のアフターフォローまで充実しています。

「キッチンカーを開業したいけど、何からしていいかわからない」「開業が成功するか不安」という方も、まずはMYキッチンカーにご相談ください!

MYキッチンカー:https://my-kitchencar.com/
※お問い合わせはサイト内フォームからお願いします。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。