近年、性犯罪が厳罰化されている。
2017年の刑法改正で、強姦罪から、強制性交罪に改められて、法定刑の下限が懲役3年以上から、懲役5年以上になった。さらには、それまでは、被害者の告訴がなければ起訴できなかったが、強制性交罪になってからは、被害者の告訴に関係なく、起訴できるようになった。
要は、警察・検察が、積極的に捜査できるようになったということ。
日本の社会全体が性犯罪に対して厳しい態度で臨んでいるからね。

【解説:フジテレビ 社会部デスク 平松秀敏】