福井県は2日、新たに福井市の女性2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

2人は、クラスター=感染集団が発生した福井市の介護施設の入所者。県によリますと、90代と100歳以上の女性で、クラスターが発生した福井市の養護老人ホーム「文珠苑(もんじゅえん)」の入所者。2人はこれまでの一斉検査で陰性だったが、1日に発熱などの症状があり検査した結果、陽性が確認された。この施設での感染者は入所者と職員合わせて28人。

また、県は県内の変異株の感染者が5人追加され11人となったことや、教員が感染した県立高校2校の関係者104人は陰性だったことも発表した。

このほか、2日付けで県民行動指針の一部を改定し、大阪市など「まん延防止等重点措置」を実施する地域との不要不急の往来を控えるよう呼び掛けている。