旅行といえばガイドブックやスマートフォンで情報を見ながらという人が多いと思います。

こうした中、声を聴きながら観光ができる新たなサービスが始まります。

本谷育美アナウンサー 「三保周辺で始まる新たなサービス。スマートフォンで地元の人の声を聴きながら観光を楽しめます」

観光地の音声ガイドなどを手掛けるOtonoが1日から始める、静岡県内初のGPS連動型音声ガイド「おともたび三保松原編」。

「みほしるべ」など観光スポットにあるQRコードをスマホなどで読み取り、地図に示された場所に近づくと・・・。

音声ガイド:三代目羽衣の松の特徴について教えて

「三代目の羽衣の松は枝ぶりが、形がいいというよりも、とにかくすんごく広がっているんですよ」

観光名所の詳しい説明や、より楽しめるエピソードを音声で案内します。

三保半島周辺約30カ所の観光スポットについて、地元の人しか知らない隠れた魅力や、より深い情報を知ってもらおうと地元の農家や、大学生などが音声を担当。

また次の目的地までの散策も楽しんでもらおうと、道中にも音声ポイントが。

音声ガイド:どんな品種のトマトをつかっているの?

「川村農園のオリジナルブランドのアミノレッドというトマトを使って、トマトジュースを作っていますね」

自慢のトマトの話を聞きながら農園が経営するカフェに向かいます。

説明を聞いて店に行ったしたことで味や、商品を、より楽しむことができました。

農家の男性も音声ガイドを担当した1人です。

川村農園・研史さん 「ちょっと恥ずかしいところもあるんですけど、(こだわりなど)伝えたいことを、皆さんにお伝えできるのがとても嬉しいです」

分散していた地域の魅力を一つに繋ぐこの取り組み。

新型コロナの影響で厳しい状況が続く観光産業の新たな形になれば考えています。

Otono・青木真咲社長 「地元の人のリアルなお話、声こそが、地元の魅力なんじゃないかと思って、そこにスポットを当てるという挑戦を今回はしています。地元の人でも魅力を再発見してもらえる、そういう機会になってもらいたいなと思っています」

声に導かれるように、地域の魅力をより感じられる観光になるかもしれません。